サプリメントを有効活用して貧血脱却。

昨年5月の人間ドックで酷い貧血だと言われ内科を受診しました。
結果は『鉄欠乏性貧血』と言う事で、鉄剤を処方されました。鉄欠乏性の貧血は繰り返し易いので食事にも気をつけるようにと言われました。

 

元々貧血になりやすい体質で、昔から血液検査をすると貧血(鉄欠乏性貧血)の診断を受け、その度鉄剤を処方される身でした。
看護士の義母に相談すると「若い女の人は生理があるから仕方ないのよ〜あんまり気にしないでしっかり食べる物食べてたら大丈夫よ〜」と言われていました。

 

食事も酷い貧血と診断されれば、レバーを食べたり肉や魚、野菜のバランス等も気にして食事を作るのですが貧血に効いているのかどうか疑問でした。
そして、体調があまり優れない(元気が出ない、目眩や立ち眩みがある等)が続いた事もあり、食事だけでは補いきれていないと判断し(今迄の経験から)サプリメントを飲む事にしました。

 

サプリメントを選ぶ時鉄分は葉酸と一緒に摂るのが良い事は妊娠出産を経て知っていたので、どちらも入っているAsahiのDeara-Naturaの鉄・葉酸を購入しました。Amazonでも上位に出ていたので人気の商品なのでしょう。
鉄の含有量も多いし、値段もお手頃でコストパフォーマンスが良かったのでこのサプリメントに決めました。

 

1日1粒、60粒入りのボトルが気に入っています。1ボトル2ヶ月分なので昨年6月から飲み始めて3ボトルを飲みきり、今4ボトル目を飲んでいます。

 

私は持病があり血液検査を3ヶ月〜5ヶ月に1度受けるのですが(薬が効いているか、アレルギーが出ていないかなどの確認の為)サプリメントを飲み始めて3ヶ月後に血液検査があった時は、酷い貧血とは診断されず、鉄剤の処方もありませんでした。どうなるかなとドキドキしていたので結果を聞いて嬉しかったです。
効果があったのだと思います。

 

半年以上サプリメントを飲み続けている今現在の体調は、疲れにくくなってきた事、風邪を引いても長引かない事、立ち眩みや目眩が軽減してきた事等嬉しい事が多いです。このまま続けていこうと思います。

 

ただ鉄剤は一緒に胃薬が処方されたりもする程胃に負担の大きいくすりです。
鉄のサプリメントも胃に負担はゼロでは無いと思うので、食後に飲むのが良いかなと個人的には思っています。

 

今後の目標は、5月の人間ドックで貧血で再検査に引っかかる事が無いようにしたいです。
ただでさえ病院通いが多いのに貧血で新たにお金と時間が掛かるのは、もう嫌です。